精力剤の種類とは?ED・勃起・精力関連品は医薬品と非医薬品がある

medicine-page

Pocket

精力剤選びで知っておくとよいのは精力剤の種類です。
実は「精力剤」関連の商品は、厚生労働省によって医薬品と非医薬品に区分されています。

  • 医薬品
  • 非医薬品
なぜこの違いが重要かというと、目的も効果も異なるからです。「活力をつけたい」「持続力を高めたい」という場合は市販の非医薬品で問題ありませんが、「全く勃たない」「性欲がない」といった人には効果がないかもしれません。症状によっては医師や薬剤師に相談しなければならないからです。

医薬品の一部は医師・薬剤師の指導が必要

医薬品とはそもそも勃起不全であったり、あるいは早漏であったりという悩みを抱える人に対して、治療が目的のものなんです。そのため、強い効果が期待できるのですが、入手方法が限られているため、知っておきましょう。

「医療用医薬品」は、医師や薬剤師と相談したうえで処方・提供されることになります。ED治療薬として知られるバイアグラもその一種で、病院に行って処方されるタイプの医薬品です。

「要指導医薬品」や「一般用医薬品」は、「市販薬」、「大衆薬」「OTC医薬品」などと呼ばれています。薬局で購入できるほか、通販で扱われているものもあります。
一般用医薬品は第1類、第2類、第3類に分かれていて、第1類医薬品は薬剤師の指導のもと購入・服用できます。と「要指導医薬品」も薬剤師の指導が必要です。

 

分類

専門家の指導・相談

購入方法

医療用医薬品 医師・薬剤師に相談が必要 医療機関、調剤薬局 バイアグラ
要指導医薬品 薬剤師による指導が必要 薬局・ドラッグストア
一般用医薬品 第1類 薬剤師による指導が必要 薬局・ドラッグストア、市販、ネット、通販
第2類 努力義務 薬局・ドラッグストア、市販、ネット、通販
第3類 指導の義務なし 薬局・ドラッグストア、市販、ネット、通販
指定医薬部外品 指導の義務なし 薬局・ドラッグストア、市販、ネット、通販 プロキオン
非医薬品 指導の義務なし 薬局・ドラッグストア、市販、ネット、通販 一般的な精力剤

「一般用医薬品」は、精力剤の中でも高い効果が期待できるものが多いです。通販でも購入できる商品もあるのも嬉しいポイントです。

EDといった勃起不全や早漏を治療したいという人は、医療機関に行って相談してみましょう。

非医薬品はサプリや健康食品

非医薬品とは、勃起力や精力を高めるもので、いわゆる「精力剤」「滋養強壮剤」「メンズサプリ」などと呼ばれるものですね。
特に治療する必要はないという人はこれを選びましょう。「勃起力はするが、今夜勝負したい」「気持ちを奮起するために持続力を高めたい」「二回戦、三回戦も楽しみたい」という人におすすめです。

医薬品とは違って治療が目的ではないので、個人が自分の判断で買うことできます。そのため、病院・薬局ではなくコンビニ、ドラッグストアや通販などで市販されています。

ED治療や早漏治療の場合は医療機関の泌尿器科などで相談することをおすすめしますが、単に「精力を高めたい」「欲求を刺激したい」という場合は非医薬品の精力剤を選びましょう。

まとめ

医薬品は、勃起薬のバイアグラなどで、医師・薬剤師の指導が必要なものが多いです。効果が強い代わりに副作用の可能性もあります。ED、勃起不全の場合などはこちらです。

治療目的でない人は、非医薬品の精力剤で効果期待できる可能性があります。まずは試してみると良いかもしれません。

コメントを残す